オンラインカジノの詐欺行為は本当にあるのか?/詐欺に引っかからないための解説

オンラインカジノで詐欺やイカサマがあったら、勝つ負ける以前の話になってしまいます。

実際に数年前までは、信用のおけないオンラインカジノがあり、詐欺やイカサマの被害にあった人もいました。

そういった詐欺やイカサマをするオンラインカジノは、数あるオンラインカジノの中でもほんの一部のオンラインカジノであるにも関わらず、それが業界全体の信用低下につながっています。

ここでは、過去の詐欺やイカサマの事件などを紹介しつつ、そういった詐欺やイカサマの被害にあわないためのオンラインカジノ選びの解説をしていきます。

<<安心して遊べるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)

悪質オンラインカジノの特徴

悪質オンラインカジノとひとくくりにしても、その実態は様々です。

不正にソフトウエアを操作して、まったく勝てないように操作するイカサマや、遊ぶだけ遊ばせておいて、勝利金を出金をさせない行為などが代表的な悪質行為になります。

こういった悪質な行為をするオンラインカジノで遊ばないためには、悪質なオンラインカジノを見極めないといけません。

悪質オンラインカジノの特徴として以下のポイントがあげられます。

  • ボーナスが大盤振る舞い
  • システム障害が起こりやすい
  • ネットのつながりが悪く、タイムラグが頻繁に発生する
  • サポートのサービスがない
  • 利用規約が頻繁に変更される

上記のようなオンラインカジノについては、危うきに近寄らずで、そのサイトでプレイするのはおすすめできません。

オンラインカジノの詐欺パターン

オンラインカジノでの詐欺のパターンとしては、大きく以下の3つのパターンに分けられます。

  • まったく勝てない
  • 獲得した勝利金やボーナスを出金できない
  • 入金が反映されない

まったく勝てない

これは、ソフトウエアのデータを不正に改ざんしてプレーヤーがまったく勝てなくしてしまうイカサマです。

カジノなので、勝つこともあれば負けることもあるので境界線が難しい所ですが、この場合は、ありえないぐらいに負けが続くことを意味しています。

ブラックジャックでありえないほどディーラーの手が強すぎることが続いたり、バカラで、バンカー・プレーヤーどちらに賭けても、賭けていない方ばかり勝つとか。

「おかしい」と思ったら、そのオンラインカジノではプレイしない方がいいと思います。

獲得した勝利金やボーナスを出金できない

ゲームは普通に遊べたとしても、ゲームで勝った勝利金を出金をしないと意味がありません。

悪質行為の中で一番多いのが、この「出金させない」という行為になります。

サイトから出金依頼をして、いつまでたっても出金が完了しないというパターンです。

サポートに連絡してもいつもはぐらかされて出金できない。そもそもサポートすらないオンラインカジノもあるので注意が必要です。

ただし、ボーナスについては受け取るときに条件を確認しないと大損をしてしまう可能性があります。
ボーナスの金額に目が行ってしまって、厳しい条件付きのボーナスを受け取ってしまうと、出金ができなくなってしまう場合があります

ボーナスの出金条件については、非常に細かい文字で記載されていることが多く、受け取って、いざ出金したい!となった時に足かせになってしまうので、ボーナスを受け取る前に条件の確認はしっかりと行っておくようにしてください。

入金が反映されない

最近のオンラインカジノでは、入金の速度は格段に早くなっています。

入金手続きを完了してからものの数秒から、遅くとも数分で完了することがほとんどです。

悪徳業者になると、いくら待ってもシステムに入金が反映されないことがあります。

システムに反映されていないのに、クレジットカードやオンライン決済システムからは、入金依頼した金額が引き落としされているという事例もあります。

過去の悪質行為発覚事件

オンラインカジノに関わる悪質行為が発覚した例はいくつか存在しています。

その中でも代表的な事件をいくつかご紹介していきます。

  • お台場カジノ
  • ドリームカジノ
  • スマートライブカジノ

お台場カジノ

カジノ名が日本人には馴染みのある地名を使って安心感を与え、プレーヤーを獲得していましたが、2009年に突然オンラインカジノを閉鎖しました。

当然、カジノに預けていた資金は全て無くなってしまい、会社は夜逃げ状態になります。

今現在も不払いが続いている事件になります。

ドリームカジノ

ドリームカジノ事件では逮捕者が5名でる事件に発展。

ドリームカジノは海外のライセンスを取得した会社でしたが、サイト自体は日本人向けのみに作成されており、日本以外でのカジノ営業実績がありませんでした。

警察は日本以外に実績がなく、日本でのみ営業をしているということで逮捕に踏み切り、
常習賭博容疑で運営者5名を逮捕しています。

しかしながら、プレーヤーについてはお咎めなしで逮捕には至りませんでした。

スマートライブカジノ

不正なオンライン決済システムを捜査している中で浮かび上がったのがスマートライブカジノ。

もともとが、オンラインカジノを捜査していたわけでは無かったのですが、オンラインカジノを楽しんでいた日本人3名が逮捕された事件になります。

逮捕された3名の内、2名は略式起訴で、罰金を払って自由の身になりましたが、残った1名は、自分は無実だと主張し弁護士とともに戦いました。

その甲斐あってか、裁判にならず「不起訴」(お咎めなし/無罪)ということになりました。

不起訴の理由としては、海外でライセンスを取得し、主に欧米で営業をしているオンラインカジノには違法性はなく、その違法性の無いカジノで遊んだことに違法性は無いとの解釈で、起訴をして裁判で争っても勝つ見込みのない内容と検察が判断し不起訴となりました。

この事件が報道された時には、オンラインカジノの違法性を疑われましたが、現在では、この1件によって、日本で海外のオンラインカジノを楽しむ事は違法ではないという判断の材料になっています。

しかしながら、ドリームカジノのように、その営業主体が日本のみだった場合は、話が違って来ますので、オンラインカジノ選びは慎重に行わなければいけないことを痛感させられます。

悪質オンラインカジノに引っかからないために

現在、2000社以上と言われるオンラインカジノですが、より安全に、安心してカジノゲームを楽しむためには、オンラインカジノ選びが重要になってきます。

では、どのような基準でオンラインカジノを選べばいいのでしょうか。

まずは以下の3つのチェックポイントを確認して選んで欲しいと思います。

  • 信頼できるライセンスを取得しているか?
  • 第三者機関の監査を受けているか?
  • 支払い実績はあるかどうか?

信頼できるライセンスを取得しているか?

基本中の基本になりますが、ちゃんとした運営ライセンスを取得しているかが重要になります。

サイトの一番下に、ライセンスのシールが表示されています。

そのシールはクリックできるようになっていて、ライセンスの取得情報が見られるようになっています。
このシールがクリックできないようになっていたりすると、ライセンス取得していること自体が怪しくなりますので、そういったオンラインカジノでは遊ばないようにしましょう。

第三者機関の監査を受けているか?

ライセンスを取得すると、そのライセンスを発行している国からの監査を受けることになりますが、それ以外にも、プレーヤーの公平性が保たれているかどうかをチェックする第三者機関が存在します。

この第三者機関にしっかりと登録し、監査を受けているかどうかもオンラインカジノ選びでは重要な要素になります。

第三者機関は、公平性を保つ監査だけでなく、プレーヤーに不利があった場合において、プレーヤーとカジノ側の間に入って、調停をする手助けをしてくれたりしますので、万が一のことを考えると、しっかりと第三者機関の監査を受けているオンラインカジノが安心してプレイできます。

支払い実績はあるかどうか?

詐欺、イカサマの類で一番多いのが「出金をさせない」というものですが、この出金の実績があるかどうかもオンラインカジノ選びでは重要です。

ネットの書き込みやSNSをしっかりとチェックをして、出金されない事がないかどうかを事前にチェックしておきましょう。

まとめ

○オンラインカジノでは詐欺やイカサマを不安がる人が多いが、そういった悪徳業者は一握り

○悪徳業者の傾向をつかむことで、悪徳業者に引っかからないオンラインカジノ選びが可能

○過去の事件を参考にすることで、今の安全、安心を手に入れることができる

○オンラインカジノを選ぶ時には、しっかりとした情報を入手して選択することが重要

<<安心して遊べるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)