カジノ攻略/ローリスクで勝負するなら「31システム」がおすすめな理由を解説

カジノで勝負しようと思うと、やっぱり負けて資金が無くなってしまうのを恐れる人が多いと思います。

しかしながら、そういった不安をできるだけ少なくしてカジノを攻略する資金管理システムが「31システム」になります。

最大の損失を、最初に賭けた金額の31倍までになっていているので、最大の負け額を理解してカジノを楽しむ事ができ、気持ち的に負担が少なく勝つ確率が上がると思います。

ここでは、「31システム」をしっかりと解説していきたいと思います。

<<31システムが使えるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)

「31システム」とは

「31システム」は、システムを利用したときの最大損失額が、最初に賭けた金額の31倍までに抑えることができることから名づけられた攻略法になります。
実際は、最大損失額としては「23倍」までになるのですが)

他の攻略法は、比較的単純なシステムになっていて、利用する人がカジノ初心者でも比較的簡単に取り入れることができるのに対して、「31システム」は、少し複雑なシステムになっています。

なぜ、この攻略法が少し複雑かというと、マーチンゲール法」と「パーレー法」を足して2で割ったような攻略法になるため、単純に、掛け金を2倍にしていくよ!というような攻略法になっていないのが原因です。

利用している人は少ないと思いますが、実は、カジノ初心者であればあるほど、利用して欲しいカジノ攻略法になっています。

「31システム」が使えるカジノゲーム

まずは、「31システム」が利用できるカジノゲームですが、基本的に、勝率が50%で2倍配当のゲームに利用することができます。

  • ルーレット(赤黒、奇数偶数、大小)
  • バカラ
  • ブラックジャック

そのほかにも、オンラインカジノでは数多くのゲームを用意してくれているので、自分の得意なゲームで活用してみてください。

「31システム」の賭け方

「31システム」を使う場合には、以下の表に沿って賭け金を変えていくことになります。

まずは、この図にある数字は掛け金になります。

「1」=初期ベット額になります。

「2」は、その初期ベット額の2倍の金額となり、「4」であれば、初期ベット額の4倍の金額ということになります。

この表を使って、次の掛け金を決めて行きます。

まずは、表の「A①」の「1」からスタートします。

  • 基本ルール1:負けたら表の右へ移動します。
  • 基本ルール2:一番右の数字のところで負けた場合は、一段下の一番左に移動します。
  • 基本ルール3:勝ったら表の下段へ移動します。(1段下の左へ移動)
  • 基本ルール4:2連勝したら1セット終了
  • 基本ルール5:移動できなくなったら1セット終了(損切り)

とりあえず、2連勝すれば必ず利益が残りますし、最大9連戦できる表になっていますが、2連勝しないと利益が出ないことを考えると、8連敗した後は、2連勝できない状態になってしまうため、ここで1セットを強制終了したとして、最大で「23×初期ベット額」の損失となり、そこで損切りということになります。

システム名とは違いますが、最大で「23×初期ベット額」の損失となります。

「31システム」のメリット

「31システム」のメリットとしては、3つの大きなメリットがあります。

  • 掛け金の上昇を抑えつつ、最大損失額が確定する
  • 2連勝することで必ず利益が残る
  • 少資金から始めることができる

掛け金の上昇を抑えつつ、最大損失額が確定する

他の攻略法の場合(特に負けたら金額を上げていく攻略法)は、損切りが非常に難しく、熱くなって、どこまでも掛け金を上げて追いかけてしまい、資金を無くしてしまう事も少なくありませんが、この「31システム」の場合は、最大の損失額が確定しているため、気持ち的にも楽な気持ちで賭けを行うことができます。

カジノで勝とうと思った時には、精神の安定は非常に重要な要素になるため、掛け金が吊り上がってきて、ドキドキしながら賭けをしていると、負けに近づいてしまいます。

そのドキドキが少ない分、賭けに集中できる「31システム」は非常に投資向きな攻略法であると思います。

2連勝することで必ず利益が残る

掛け金の上昇は抑えつつ、どこかで2連勝をすることで必ず利益がでる攻略法のため、ゆっくりと2連勝ができそうなポイントを探して、カジノに取り組むことが可能になります。

勝率50%のゲームであれば、2連勝はさほど難しく無いので、しっかりと利益を残せていくことができる攻略法になります。

少資金から始めることができる

損失額の最大額が確定するため、少資金からでも攻略法を実施することが可能になります。

カジノ初心者で、自分の資金もあまり入金したくないような人でも、攻略法を実施して勝ちに近づくことができます。

「31システム」のデメリット・注意点

「31システム」は、別の攻略法のマーチンゲール法パーレー法を合わせたような攻略法で、ローリスクで着実に利益を積み上げるには適している攻略法になっていますが、そんな攻略法でもいくつかの注意点があります。

  • 勝ち負けが交互に続くと負けてしまう
  • 連勝ができないと利益にならない

勝ち負けが交互に続くと負けてしまう

基本的に連勝で利益を確定させていく攻略法の為、勝ち負けの数が同じ(勝率50%)でも、連勝ができない時には、ずるずると負債が増えてしまうのが最大のデメリットになります。

連勝ができない流れの時には早めに見切りを付けることも重要で、特に、掛け金が「4」「8」に上がった時には細心の注意を払って、賭けるか、撤退するかを判断しないといけなくなります。

連勝ができないと利益にならない

「2連勝する」ということが、この攻略法の「肝」になるため、連敗をしても、2連勝がどこかでできれば利益を出すことが可能になります。

しかしながら、どんなに勝率が良かったとしても、連勝しないと利益を残せないため、ずるずると資金を減らしてしまう事になるので注意が必要です。

まとめ

○「31システム」は、その損失額が最大で「初期ベット額×31倍」までと決まっている攻略法である

○最大損失額の上限があるので、少資金でも始められる攻略法

○どんなに負けていても1回2連勝できれば利益を残せる攻略法だが、賭け方については少々複雑になっている

○2連勝をしないと利益が出ないため、勝ち負けが交互にでるような展開になってしまうと資金が減っていってしますので注意が必要

<<31システムが使えるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)