カジノ攻略/リスクを抑えたい人必見の【グッドマン法】を完全解説

グッドマン法は別名「1235法」とも呼ばれる攻略法になっていて、大きく儲けるというよりも、着実に利益を増やして行きたい人向けのかなりディフェンシブな攻略法になります。

カジノで大きく資金を減らしてしまう人の多くは、負けを取り戻そうとして、大きく勝負をしてしまう事が一番の原因です。

グッドマン法は、そういった負けを取り戻す攻略法ではなく、リスクを少なくして、出た利益をうまく利用して儲けを出す攻略法になります。

他の攻略法でうまくいかないような人は一度試してほしい攻略法です。

<<グッドマン法が使えるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)

グッドマン法とは

グッドマン法は、別名「1235法」とも呼ばれていて、その賭け方がそのまま名前になっている攻略法になっています。

グッドマン法は、配当が2倍で勝率が50%のゲームで威力を発揮する攻略法となります。

  • ルーレット(赤黒、奇数偶数、大小)
  • バカラ
  • ブラックジャック

グッドマン法は、勝ち負けが続くような場面では大きく資金を減らすことがないように、できるだけ損失を少なくして、連勝で利益を積み上げる攻略法になっています。

様々な攻略法の中でも、一番リスクを少なくできる攻略法になっています。

少ない資金で、長くカジノで楽しみたい。あわよくばしっかりと利益を出したいという人に向いている攻略法になっています。

グッドマン法の具体的な方法

グッドマン法の具体的な賭け方は、非常に簡単なもので、別名にあるように、掛け金を「1235」の順で賭けていくものになります。

1235の順で賭けるのは、賭けに勝った時で、1で勝てば、次に2を賭け、それでも勝てば3を賭け、それにも勝利すれば5を賭けるものになります。

5を賭けた後に、勝利した場合は、そのまま5を賭け続けます。
(5で勝った後に、5を続けず、リセットしてもOK)

数字は1ユニットという計算方法で、1ユニットの単位はどの金額でも構いません

1ユニットを100円とするならば「100円→200円→300円→500円」の順で賭けていきますし、
1ユニットを500円にするならば「500円→1,000円→1,500円→2,500円」の順になります。

1度負けると、攻略法はリセットされ、また1ユニットからスタートします。

連勝で利益を出す攻略法になるため、純粋に負けが続く展開や、連勝できない展開の場合はただただ資金を減らしてしまいます
しかしながら、資金の減り方は基本の1ユニット分づつしか減らないため、気持ち的には余裕をもってカジノで賭けができるのではないでしょうか。

グッドマン法のメリット

そんなグッドマン法ですが、利用する際には3つのメリットがあります。

  • 少ない資金で実践できる
  • 3連勝できればその後2連敗してもマイナスにならない
  • 4連勝以上できれば利益は大きくなる

少ない資金で実践できる

まずは、掛け金が大きくならないため、資金が少ない時などに活用できる攻略法になります。

カジノをはじめてやってみるような人でも、少ない資金で長く楽しめるため、カジノに慣れるためにもぜひ活用してほしい攻略法になります。

3連勝できればその後2連敗してもマイナスにならない

グッドマン法の掛け金の上げ下げを考えると、3連勝すれば、その後2連敗しても資金がマイナスになることはありません

  • 1勝(掛け金1ユニット) 利益1ユニット
  • 2連勝(掛け金2ユニット) 利益3ユニット
  • 3連勝(掛け金3ユニット) 利益6ユニット
  • 負け(掛け金5ユニット) 利益1ユニット
  • 負け(掛け金1ユニット) 利益0

勝率50%のゲームであれば、3連勝や4連勝は当たり前のように出現するので、うまく波に乗れれば損失を出すことなくカジノを楽しむ事ができます。 

4連勝以上できれば利益は大きくなる

グッドマン法は連勝することで、利益を大きくする方法になるため、「1235」の「5」で勝利できれば大きな利益を出すことが可能になります。

4連勝することで「11ユニット」の利益になるため、その前まで10連敗していたとしても、利益を出すことが可能になります。

グッドマン法のデメリット

攻略法と言えども、デメリットも当然あり、そのデメリットをしっかりと理解して活用することが大事になります。

  • 3連勝ができないと少しずつ資金を減らしてしまう
  • 利益を残すまでに時間がかかる

3連勝ができないと少しずつ資金を減らしてしまう

グッドマン法は、連勝してはじめて威力を発揮する攻略法であるため、勝ちと負けが交互に来る展開になってしまうと、最初の掛け金の1ユニット分ずつ資金を減らしていってしまいます

  • 1勝した後に負ける場合 -1ユニット
  • 2連勝後に負ける場合 利益0
  • 3連勝後に負ける場合 利益1ユニット

3連勝してはじめて利益が手元に残ることになるので、連勝が難しいような場面では、攻略法をあきらめて他の攻略法を試したり、一旦賭けを止める決断も必要になります。

利益を残すまでに時間がかかる

グッドマン法はリスクも少ないのですが、同じように利益を積み上げるにも徐々に資金が増えていくので、しっかりと利益を残そうとすると、かなり時間がかかってしまいます。

ある程度進行の早いゲームを選んで攻略法を使うことをおすすめします。

【進行の早いおすすめのカジノゲーム】
スピードバカラ(目安:70ゲーム/35分)
スピードルーレット(目安:100ゲーム/60分)

まとめ

○グッドマン法は別名「1235法」とも呼ばれ、その賭け方が名前になっているほどの攻略法

○グッドマン法は、連勝をすれば1235の順に掛け金を上げていく攻略法

○グッドマン法は連勝時に大きく利益を出す攻略法であり、資金の減りは緩やかなため資金の少ない人でも利用できる攻略法

○連勝時に利用する攻略法のため、勝ち負けが交互に出たりして連勝できない場合は他の攻略法に切り替えるなど臨機応変な対応が求められる

<<グッドマン法が使えるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)