オンラインカジノで勝てない人必見/勝てない原因を理解して勝てる人になる

オンラインカジノは他のギャンブルに比べて還元率が高いので儲かりやすいと言われています。

確かに比較的勝ちやすいギャンブルであることは確かですが、ネットの中では「勝てない!」「詐欺だ!」と言っている人は少なくありません

なぜオンラインカジノ(オンカジ)で勝てないのか?オンラインカジノ(オンカジ)で資金を溶かしてしまう人の特徴をしっかり解説していきます。

逆に、この勝てない理由を理解して、その行動をしなければ、今までのような負け続きから解放されるお手伝いになると思います。

<<オンラインカジノ投資に向いているおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)

オンラインカジノ(オンカジ)で勝てない5つの原因

オンラインカジノで勝てないのはそれなりの理由があるからです。

こういう私も負け続きで、入金しては資金が無くなり、再入金してはお金が無くなりをずっと続けてきました。

この画面を見飽きました。

そこで気が付いた勝てない5つの原因を解説していきたいと思います。

  • 軍資金が少ない
  • 無謀な金額を賭けている
  • 感情的になって賭けをする
  • 1回で負けを取り戻そうとする
  • 全部勝とうとする

軍資金が少ない

まずは軍資金です。

負けるリスクがあるということで、少ない資金しか入金をしませんでしたが、実はこの資金の少なさが、カジノで負ける原因の1つなんです。

カジノでしっかりと勝とうとするならば、精神的に安定が保てる資金で、安定が保てる掛け金で勝負をすることを心がけないといけません。

資金が少ない状態からだと、資金が増える割合も少ないですし、少し負けが込んでくると、すぐそこに資金が全て無くなってしまうという恐怖。
実は、少ない資金でリスクを低くしようとすること自体がリスクになってしまうのです。

資金に余裕があると、どっしりと構えてカジノと向き合うことが可能になるので、勝ちやすくなります。

無謀な金額を賭けている

金額の大きい小さいではなく、自分の資金に対してどれだけの掛け金を賭けているかという事において、無謀かどうかになります。

資金が100万円ある人の1万円の賭けと、資金が1万円しかない人が、そのすべてを賭ける1万円とは、同じ1万円でも内容が違います。

自分の資金に対して、どれだけの金額を賭けるのか?が重要になります。

カジノで継続的に儲けるためには、勝率50%のゲームであれば、自分の勝率も大きくその確率から乖離することはありません。

勝ちと負けがほぼ同じ数なのであれば、勝つときに大きく賭けて、負ける時には小さくかけるという事ができれば、勝率が50%でも勝ちを手にすることができます。

そのことをしっかりと理解して、賭け金額を選択しなくてはいけません。

感情的になって賭けをする

勝率50%のゲームであっても、連勝もすれば、連敗もします。

それも、確率では考えられないような連勝、連敗です。

確率で50%といっても、勝ったり負けたりをきれいに連続することはなく、小さな偏り、大きな偏り、信じられない偏りを経て、確率50%に近づいていきます

それを理解しないで、勝率50%のゲームでそんなに負けは連続しない!と、プレーヤーの勝手な思い込みから、賭け続けてしまい、その上、負けを1回で取り戻せるように倍プッシュ。

次は!次こそは!と冷静な判断ができない状態になってしまいます。

カジノをエンターテインメントとして楽しむ分には、大金を賭けて、1回1回のゲームに興奮するのが楽しいかもしれませんが、投資として「儲ける」ことを重視しているのであれば、感情的になって、賭け続けるのは坂道を転げ落ちるのと同じことを意味します。

「何回連続で負けたら一旦冷静になる」「いくら負けたらやめる」などのマイルールをしっかりと作って、そのルールに沿って行動をすることで、感情的になった賭けを無くすことが重要です。

1回で負けを取り戻そうとする

カジノを始めた時に、一番最初に手を出した攻略法が「マーチンゲール法」という攻略法になります。

理論的には負けない攻略法として、多くの人に知られている攻略法です。

マーチンゲール法の基本的な戦略としては、何連敗しようとも、掛け金を前回の賭けの倍額を賭けることで、1回勝てば、利益がでるというまったくもって簡単な攻略法です。

この攻略法は本当に儲かります。

難点としては、掛け金が倍々で増えていくので、連敗が続くと、掛け金はどんどん大きくなり、1回1回の賭けをドキドキしながら見守らなくてはいけなくなります。

それでも、何とか勝てて・・・と続くと、次第に感覚が麻痺してきて、絶対勝てるという「錯覚」に陥ります。

そして、自分でも信じられないような連敗が1回来て、資金が底をつきます

1回の勝ちをつかめばそれまでの負けは無くなり、その上利益まででる。
非常に甘美で魅力的ではあるのですが、こういった攻略法を使っている限り、最終的には絶対と言っていいほどの連敗の波に飲み込まれ、資金のほとんどまたは全てを失うことになってしまいます。

全部勝とうとする

カジノで儲けようと思うと、勝率を意識する人が非常に多くいます。

しかしながら、勝率を上げるということは、超能力者でない限り絶対に無理な事なんです。

その「全部勝つ」と思ってカジノをやると、1回の負けを非常に悔しがります。
そして、1勝に非常に喜びます。

カジノで遊ぶとなれば、その気持ちのアップダウンが「楽しい」につながるのですが、カジノで儲けようと思っている人は、その気持ちのアップダウンは必要ありません

まずは、勝率は頑張って50%と割り切って、勝つこともあれば、負けることもあると割り切ってしまわないといけません。

オンラインカジノ(オンカジ)で勝つにはタイミングが重要

オンラインカジノで勝つためには2つの重要なタイミングが重要になります。

  • 損切りするタイミング
  • 利益確定するタイミング

損切りするタイミング

まずは、負けた時にどこでやめるかというタイミングです。

自分の資金が減ったタイミングで止めることを決断するのは、簡単なようで実は非常に難しい決断になります。

なぜなら、まだ資金がある状態で、次に勝ったら負けを取り戻せる!と少しでもよぎったタイミングで、普通の人なら、止めることはできなくなり、ここでやめようと考えてた以上に負け額を増やしてしまいます。

この連鎖がどこまでも続くことになるので、あっという間に資金が底をつくことになります。

損切りするタイミングで止めることは非常に難しいことではありますが、カジノで儲けようと考えている人であれば、絶対に身に付けないといけないタイミングになります。

利益確定するタイミング

そしてもう一つのタイミングが、利益を確定するタイミングです。

これは損切りのタイミングよりも意識さえすれば実行できるタイミングになると思います。

いくらまで儲けたらやめにしようと考えて、その金額になったら確実に止めて、利益確定をするようにしてください。

ポイントは、始める前に利益確定の金額をあらかじめ決定して、変更はしないということです。

これを途中で決めたり、一旦決めたにも関わらず、一旦目標額に届くと、もっと儲けることができるんじゃないかと、設定金額を上げてしまったりすることはしないようにしましょう。

負けるのは簡単だけど勝つのは難しい

カジノでは勝率50%のギャンブルが数多くあります。

これは、普通にやれば50%で勝てると言う事なんですが、裏を返せば、50%で負けることもできるということになります。

その点では、「負ける」ことと「勝つ」ことは表裏一体に感じるかもしれませんが、実際にお金を賭けると「勝つ」ことが難しくなります

それには、「ハウスマネー効果」「帳消し効果」という、2つの心理が働くことになるからです。

「ハウスマネー効果」とは、お金をいっぱい持っているときには気が大きくなり、その後大胆なリスク行動をとってしまう心理傾向のこと。

カジノで勝っていると気が大きくなって、賭け金を急に大きくしたりして、リスク管理が疎かになった結果、途中までは勝っていたのに、最終的に負けてしまったという結果につながります。

「帳消し効果」とは、負けを取り戻そうとハイリスクな勝負に出てしまう心理傾向のこと。

カジノで負けたお金を取り戻すために全額をベットして後戻りできなくなってしまうケースなどがあります。

カジノでは、勝っていたとしても、負けていたとしてもどちらの場合も資金がマイナスになってしまうような心理状態になってしまいます。

カジノでは、勝率は50%だが、勝っていても、負けていても、最終的にマイナスになってしまうような行動を取ってしまうので、カジノでは負けるのは簡単ですし、勝つのは難しい所以でもあります。

オンラインカジノ(オンカジ)で勝つために

基本的には、負けることをしなければ勝てるのですが、具体的にどうやって勝つかというと、攻略法でも必勝法でもありません。

必要になってくるのは「マインド」「資金管理」になります。

具体的な方法としては、以下の5つの方法で勝ちに近づくことができます。

  • オンラインカジノ(オンカジ)が提供しているボーナスを活用する
  • 攻略法を適切に運用する
  • 長時間のプレイはしない
  • 流れを読む(裁量)事の重要性を理解する
  • 勝った分は即出金

オンラインカジノ(オンカジ)が提供しているボーナスを活用する

資金に余裕を持たせるためにも、オンラインカジノで提供してくれているボーナスを有効活用しましょう。

入金をすることでボーナスをもらえたり、万が一負けたとしてもその数パーセントをキャッシュバックしてくれたり、負けなくても、賭け金額に合わせてボーナスを提供してくれたり。

できるだけ資金は多くしたいのであれば、こういったボーナス情報をしっかりと確認して、もらい漏らさないようにしないといけません。

攻略法を適切に運用する

自分よりもずっと頭のよい学者たちが編み出した攻略法は、一定の効果もあり、カジノで勝つための近道でもあります。

しかしながら、その攻略法をしっかりと理解して、運用することが重要になります。

使い方や運用を間違えると、思わぬ損失をしてしまったりもするので、攻略法については、適切に運用することが求められます。

長時間のプレイはしない

勝った、負けたのタイミングが重要であると書きましたが、無駄に長い時間プレイすることは、リスクが大きくなって行くことと同じ意味になります。

損切り、利益確定のポイントをしっかりと決めて、無駄に長時間プレイをしないようにすることが、勝ちに近づくことになります。

流れを読む(裁量)事の重要性を理解する

こんなことを言うと「オカルト」と思ってしまうかもしれませんが、勝負事において「流れ」というのは非常に重要な要素になります。

長くカジノでプレイをしていると、数字では説明できない「流れ」というものがあると感じるようになります。

勝てる時は「こんなに簡単に勝てる?なにやっても勝てるじゃん!」と感じるほど勝ちが続きますし、負ける時は「何をやっても負ける」状態になってしまったりします。

数字では50%の確率だったとしても、そういった「流れ」に逆らうことができません。

勝てる時には強気に。負けてるときは諦めが肝心です。
時にそれは理屈に合わない決断だったとしても、早めにその流れを見極めて行動するようにしないといけません。

自分の読みと違う流れになったタイミングをしっかりと把握して、押し引き(掛け金の上下、止め時)することは非常に重要になります。

勝った分は即出金

勝った時にカジノにそのまま資金を残しておくということはしません。

1日のカジノで遊べる金額は常に一定にしておいて、勝った時には、その勝った金額をすべて出金をします。
(負けてしまった場合はその負け分を入金します)

なので、1日の始まりは必ず一定額の資金からのスタートとなります。

これをすることで、熱くなって資金を全て無くしてしまったとしても、決まった金額分しか負けません。

損切りがうまくいかない人は、損切りしようとしている金額だけ入金して遊ぶというのも効果的な方法だと思います。

これをすることで、負け額を限定することができますし、万が一、カジノが使えなくなったとしても、損失は限定的になるので、ダブルで安心できる資金管理方法になります。

まとめ

○カジノで勝てない人は勝てない方法で賭けをしてしまっている

○勝ちに近づくためには、「タイミング」が重要

○カジノは勝ちにくく負けやすい。それには人間の深層心理が影響している

○勝ちに近づくためには、資金管理の徹底といつでも平常心でいられるメンタルが必要

<<オンラインカジノ投資に向いているおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)