オンラインカジノは信用できるのか?/オンラインカジノの信頼性を解説

カジノという言葉を聞いて連想するのは、イカサマや不正、闇組織などあまり良いイメージを連想できませんが、実際は非常に健全に運営されていることがほとんどです。

では、オンラインカジノはちゃんと健全に運営されていて、信用に値するのでしょうか?

ここでは、オンラインカジノの信頼性をしっかり解説していきながら、安心してオンラインカジノで遊んでもらいたいと思います。

<<安心して遊べるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)

オンラインカジノはライセンス制度で厳しい監視下

オンラインカジノは国が発行するライセンスを取得しないと営業ができないシステムになっています。

ライセンス取得に関しては厳しい審査があり、その審査にパスしないとライセンスは発行されません。

そして、ライセンスを取得する時だけでなく、営業をしている間は、定期的にチェックが行われ、問題なく営業をしないとライセンスを剥奪されてしまいます。

こういった審査があるからこそ、プレーヤーは安心して自分の資金をオンラインカジノに入金し、カジノを遊ぶことができています。

ゲームを提供しているのはオンラインカジノじゃなくてサービス提供会社

実はオンラインカジノ自体がカジノゲームを提供しているわけではなく、ゲームのサービス提供会社と提携をしてゲームを提供しています。

例えるなら、日本のパチンコ店と同じで、パチンコ屋さんは場所を提供し、パチンコ機やスロット機を開発した会社から遊戯台を購入しお店に設置しています。

パチンコやスロットが、面白い台かどうかは開発会社が企画したもので、パチンコ屋さんはまったく関係ありません。

そして、同じ台を用意したとしても、お店によって換金率が違ったりしてプレイしてくれるお客様の数は変わってきます。

これはオンラインカジノでもまったく同じになります。

「プロバイダ」と呼ばれるカジノゲームを提供しているサービス提供会社と契約して、オンラインカジノで遊べるようになります。

有名なプロバイダのゲームは、多くのオンラインカジノで遊ぶことができますが、人気がなかったりするプロバイダのゲームはあまり取り扱いされていなかったり。

また、同じプロバイダのゲームでもオンラインカジノによって、最小掛け金や最大掛け金が違ったり、オンラインカジノによって条件が変わってきます。

サービス提供会社(プロバイダ)にも厳しい監視

サービスを提供する会社が別にあるとするならば、そのサービス提供会社がイカサマをしてしまえば、オンラインカジノでイカサマが出来てしまうことになってしまいます。

しかしながら、サービス提供会社についても、しっかりとライセンスを取得しないといけません

その上で、開発したゲームがきちんとしたシステムで、公平性が保たれるものかどうかをきちんとチェックする第三者機関が存在します。

  • eCOGRA(イーコグラ)
  • TST(テクニカルシステムズテスティング)

「eCOGRA(イーコグラ)」

eCOGRA(イーコグラ)は一番有名な第三者機関になります。

ここでは、主に3種類の認定を出しています。

  • カジノがプレーヤーに対して公平なサービスを提供しているか
  • プロバイダが公平なゲームを開発してるか
  • ライブカジノスタジオが公平なゲームを提供しているか

以上の3つの内容において厳しい審査を行い、認定を出しています。

「TST(テクニカルシステムズテスティング)」

そしてもう一つ有名な第三者機関としては「TST(テクニカルシステムズテスティング)」という機関になります。

この機関は主にプロバイダに対してソフトウェアの公平性を審査する機関になっています。

簡単にいうと大当たりの確率や勝率のチェック、プレーヤーが不利になりすぎないようにプログラミングできているかなどオンラインカジノ側がイカサマが出来てしまうようなシステムではないかどうかをチェックするということになります。

こういった第三者機関が厳しいチェックをしてくれているので、プレーヤーは安心してカジノを楽しむことができるようになっています。

オンラインカジノでイカサマはないのか?

カジノで遊ぼうと思うと、カジノ側がイカサマをして、プレーヤーは絶対に儲からないようになっているのではないか?と心配する人も少なくないと思います。

オンラインカジノでは主に、スロットなどに代表されるシステムで動いているカジノゲームと、実際のディーラーがゲームを進めてくれるライブカジノに分かれます。

スロットなどのシステムで動くゲームについては、先ほど紹介した第三者機関がしっかりとシステムをチェックして、イカサマができないようになっているかどうかを監視しています。

そして、各スロットゲームには「RTP」と言われる還元率が公表されていて、プレーヤーはその数字を確認することができます。

各スロットゲームは多少の数字の差はありますが、大体94%~97%の還元率になっています。

また、本物のディーラーがゲームを進行するライブカジノについても、第三者機関がチェックしていることに加え、ライブ映像になるため、イカサマをすれば映像で確認ができてしまいます。

ライブカジノで人気のルーレットなどは、数字のポケットが浅く、ボールが非常に軽いものを使用しているため、ディーラーが狙った数字に投げ入れるようなイカサマはできないようになっています。
(ボールが軽いと少しの衝撃で大きく動くことと、ポケットが浅いと一旦数字に入ってもはじかれて外に出てしまう事があります)

逆に、ルーレットでは「えっ?!球がそんな動きする?」っていうくらいルーレット盤を跳ねまくることもあるので、イカサマ?とも思ってしまいますが、ディーラーがその数字を狙ったのでは無いことが100%わかるので、ある意味安心してルーレットで遊ぶことができます。

また、トランプを使うゲームでは、シャッフルをする風景をしっかりと映像に映し、不正が無いかどうか確認できるような工夫がされています。

全てのオンラインカジノが信用できるわけじゃない

オンラインカジノの多くはきちんとライセンスを取得し、第三者機関に公平性のチェックもしてもらい、安心してプレーヤーが楽しめるカジノになっていますが、全てのオンラインカジノがそういったきちんとした対応をしているかというとそうでもないのが現状です。

オンライン上ではあたかもライセンスを取得しているように見せかけて、実はライセンスを取得していなかったり、勝ったプレーヤーの出金を理由もなく拒んだり、理由を付けて口座を凍結して出金できないようにしてしまったり。

信用できるオンラインカジノについては、以下の5項目をしっかりとチェックして、安心してカジノを楽しんでもらいたいです。

  • しっかりとしたライセンスを取得しているか?
  • 第三者機関の審査を通っているか?
  • 日本語サポートがしっかりしているか?
  • 入金手段・出金手段は豊富にそろっているか?
  • 個人情報をまもるセキュリティーのシステムがあるか?

オンラインカジノの社会的信用度

今まではライセンスや第三者機関の審査など、法的な信頼性を解説してきましたが、ここでは、社会的な信用について解説しています。

オンラインカジノ会社は、主にヨーロッパでは社会的な信用度も高く、プロスポーツチームや、大会に関してスポンサーとして関係をしているオンラインカジノも数多く存在します。

イギリスのプロサッカーリーグのプレミアリーグでは、1部リーグ加盟の20チームの内9チームが、2部リーグでは24チーム中17チームがオンラインカジノ業界の会社がスポンサーになっています。

また、オンラインカジノの会社の中でも株式上場をしている会社もあるほどです。

日本でも大手のパチンコ関連の会社が上場したり、スポーツの大会のスポンサーになったりしているのと同じような感じでしょうか?

まとめ

○オンラインカジノはしっかりとしたライセンスを取得し、厳しい審査を受けないと営業できないようになっている

○ゲームを提供してくれているプロバイダについてもライセンスを取得していることと、第三者機関のチェックもしっかり受けているので、プレーヤーは安心してゲームをプレイすることができる。

○カジノゲームにはすべて「RTP」という還元率が公表されている

○オンラインカジノはヨーロッパを中心に社会的な信用度も高く、一部のオンランカジノは株式上場を果たしている会社もある

○オンラインカジノの全てが安心できるわけはなく、どのオンラインカジノで遊ぶかは自分の判断になるため、慎重に選ばなくてはいけない。

<<安心して遊べるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)