カジノ攻略/カジノを潰したことがある「モンテカルロ法」の手法を完全解説

噂では、この攻略法を使ってモナコのモンテカルロにあるカジノを潰したほどの攻略法ということで、「モンテカルロ法」と名前が付けられたと言われている攻略法。

その噂が本当なのであれば、非常に有効性が高い攻略法ではないかと思います。

ここでは、それほどまでに効果のある攻略法なのかどうかをしっかりと解説していきたいと思います。

<<モンテカルロ法が使えるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法は、決まった法則で数列を書いていき、そこから導き出された金額を賭けていく攻略法になります。

メモと筆記用具が必要になる攻略法で、他の攻略法に比べると少し複雑な部分もありますが、慣れてしまえばさほど難しさは感じなくなると思います。

ローリスクハイリターンが狙える攻略法になるため、オンラインカジノを楽しんでいる人の中にも、このモンテカルロ法を利用して資金を増やしている人が多くいます。

ある程度負けが続いても掛け金の増大が緩やかなため、安心して使うことができる攻略法になります。

モンテカルロ法の使い方

まずは、メモに(1、2、3)と3つの数字を書くところからスタートします。

そして、1単位をいくらにするかを設定します。
1単位については、大体手持ち資金の1%程度(10,000円の資金ならば100円)が目安になります。

そして、数字の両端の数字を足した数字分の賭けを行います。
1、2、3なので、両端にある「1」と「3」を足した「4単位」が掛け金になります。

賭けに勝った場合は、両端の数字を消します

賭けに負けてしまった場合は、今回賭けた分を右端に書き足し(1、2、3、4)と記載します。
そして、次の賭けも両端の数字を足した数の分だけ賭けます。
上記の場合「1」と「4」を足した「5単位」が掛け金となります。

これを繰り返し行い、残りの数字が無くなるか、1つだけしか残らなくなったら1セットが終了し、始めに戻ります。

今までの説明は、勝率50%で2倍配当のゲームに使う場合の使い方ですが、3倍配当のゲームでも利用可能です。

3倍配当の場合は、基本的に掛け金は両端の数字を足した分だけ賭けますが、予想が的中した場合は、両端を1つづ数字を消すのではなく、両端の2つづつの合計4つの数字を消していくことになります。

モンテカルロ法が使えるカジノゲーム

モンテカルロ法で使えるカジノゲームは、配当2倍のゲームまたは、3倍のゲームで利用することが可能になります。

【配当2倍のゲーム】
ルーレット(赤黒、奇数偶数、大小)
バカラ
ブラックジャック

【配当3倍のゲーム】
ルーレット(カラム、ダズン)

モンテカルロ法はオンラインカジノでしか使えない

モンテカルロ法は、カジノを潰したことがあるという噂になるほどの強力な攻略法になります。

そういった意味もあってか、通常のカジノでは使用不可の攻略法になります。

というのも、通常のカジノではカジノ内でメモを取ることが不可になっているため、メモを取った時点で出入り禁止となります。

しかしながら、オンラインカジノの場合は、パソコンやスマホの前で賭けをするので、メモは取り放題。

とうことは、オンラインカジノを楽しむ人だけができる攻略法ということになります。

モンテカルロ法のメリット

モンテカルロ法は、以下のいくつかのメリットがあります。

  • 掛け金の上昇が穏やか
  • 勝ち数が少なくても利益を出すことができる

掛け金の上昇が穏やか

負け額を一気に取り戻す他の攻略法とは異なり、少しずつ、それでいて確実に利益を積み重ねていく攻略法になるため、何度か負けたからと言って、掛け金が高騰することはなく、穏やかに増えていく程度になります。

掛け金があまり高騰しないため、精神的にも、資金的にも追い詰められた中での賭けにならないことが大きなメリットになります。

勝ち数が少なくても利益を出すことができる

2倍配当のゲームで使う場合は、1敗すると数字が1つ増えますが、1勝することで、数列の数字が2つ消えていきます
ということは、勝ち数が負け数よりも少なかったとしても、1セットを完了することができる攻略法になります。

3倍配当のゲームであれば、勝つ確率は2倍配当の時よりも落ちますが、1回勝つと数列の数字が4つ消せるので、3倍配当の時でも、負け数が多くなったとしても、1セットを終了することは可能で、確実に利益を残すことができます。

モンテカルロ法のデメリット

これほどまでに強力なモンテカルロ法ですが、やはり、100%ということはなくデメリットも存在します。

  • 計算が面倒
  • 長期戦になりやすい
  • 負けが多くなると掛け金が大きくなる
  • 1セット終了時点でマイナスになることがある

計算が面倒

一番は、いちいち計算が面倒だということです。

1回1回メモを取りながらのベットになるため、面倒に感じる人も少ないと思います。

長期戦になりやすい

うまく勝つことができないと、1セットを終わらせるのに時間を要してしまう場合が多くなります。

短時間で遊ぼうと思っていても、うまく数列を消せずに、だらだらと長引いてしまうこともあるので、モンテカルロ法を利用する際には、ある程度時間を使うことを頭に入れてプレイ時間を考えないといけなくなります。

負けが多くなると掛け金が大きくなる

負けの数が増えてきてしまうと、知らず知らずの内に、1回の掛け金が大きな金額になってしまうこともあります。

特に、勝ち負けを繰り返すような展開になると、右に追加していく数字が大きくなり、高額ベットを何度も行わないといけなくなるような展開になってしまいます。

攻略法を始める前に、損切りのポイントはしっかりと決めて行わないと、思わぬ損失をしてしまう事もあるので要注意です。

1セット終了時点でマイナスになることがある

早いタイミングで1セットが終了することができれば、マイナスになることは無いのですが、負けの数が多くなり、掛け金もどんどん大きくなる中、何とか勝ちを手に入れて、数字の残りが1つになって1セット終了!と思っても、その残った数字が大きい場合、1セットのトータルでマイナス金額になってしまう場合があります

その場合は、タイミングが悪かったとあきらめて、スタートの数列から再度挑戦することをおすすめします。

そういう意味でも「長期戦」で、トータルで利益を出すということを考えながら攻略法を実践してほしいと思います。

まとめ

○モンテカルロ法は、モナコ(モンテカルロ)のカジノを潰したと言われる破壊力が高い攻略法

○モンテカルロ法はメモと筆記用具が必要な、少し複雑な攻略法ではあるが、慣れればそれほど難しくはない

○モンテカルロ法は、2倍配当のゲームでも3倍配当のゲームでも両方使える攻略法になる

○基本的には掛け金の増大が少ない攻略法だが、連敗が続くと掛け金が増大するため、攻略法の止め時が重要になる

○1セットが終了してもマイナス収支になってしまう事がある

<<モンテカルロ法が使えるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)