オンラインカジノは違法なのか?

オンラインカジノは海外のサイトのため、違法かどうかの話をする時には、「海外のオンラインカジノの会社は合法的に運営されているのか?」と、「日本でプレイすることは違法かどうか?」の2つの視点で解説をしていかないといけません。

日本ではギャンブルはご法度で「違法」になります。

では、海外に拠点のあるオンラインカジノを、インターネットを通じて日本でプレイすることは違法になるのでしょうか?

オンラインカジノを日本でプレイすることの違法性について解説していきます。

<<安心して遊べるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)

オンラインカジノは合法的に運営されている

オンラインカジノは日本の公営ギャンブルのように合法的に運営をされていて、海外ではごく当たり前にオンラインカジノを楽しんでいます。

というのも、オンラインカジノを運営するためには、国で発行するライセンスを取得しないと運営できない仕組みになっていて、そのライセンス制度により、安心して遊ぶことができるということなんですね。

ライセンス取得といっても、「オンラインカジノやりたいからちょうだい!」といっても簡単に取得することはできません。
ライセンスを取得するためには、非常に厳しい基準をクリアし、高額なライセンスフィーを支払わないといけません。

そして、その上で、健全に運営されているかどうかを厳しい第三者機関が目を光らせています。

そういったプレーヤー保護をきちんと行っていることがわかるからこそ、海外でも広く普及しているのではないかと思います。

日本において取り締まる法律は存在しない?!

では、カジノ後進国である日本においてはどうなんでしょうか?

日本は昔から「賭け事=賭博=違法」と認識している人が多いのではないでしょうか?

日本においては、公営ギャンブルとパチンコ・パチスロ以外の賭け事は違法であるという認識が根強くのこっています。

現に日本の刑法には「賭博罪」というものがあり、賭け事を禁止する法律があります。

しかしながらこの刑法にある賭博罪ですが、「勝つ側(胴元)」と「負ける側(プレーヤー)」の双方が存在して初めて成立する法律になっています。

オンラインカジノにおいては、「勝つ側(胴元)」が海外で合法的に運営されている会社で、その会社自体に違法性はまったくありません。
そして、その合法的に運営されている海外のカジノで日本人プレーヤーがお金を賭けて遊ぶことは刑法上賭博罪にあたらないと考えられます。

なぜなら、刑法上で明示されている「勝つ側(胴元)」と「負ける側(プレーヤー)」の双方が存在せず、「負ける側(プレーヤー)」だけの存在では罪が成立しないことになります。

「勝つ側(胴元)」は合法なのに、「負ける側(プレーヤー)」だけ違法なんてことはありえないということなんですよね。

そもそも刑法の賭博罪については、インターネットが存在するはるか昔に規定されたもので、日本国内にいながら、海外のカジノで遊ぶことを想定していなかった物です。

現行法のままであれば、オンラインカジノを自分自身で楽しむ分には、裁く法律が存在しないが、平成28年に成立した「IR法」に関連して、カジノについての法律が改正されていった場合は、違法になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

オンラインカジノのプレーヤーで逮捕者が出た?!

2016年にオンラインカジノを利用していた日本人男性3名が賭博(単純賭博)の疑いで、京都府警によって逮捕される事件がありました。

3名の内2名は略式起訴(簡略化した起訴の方法で、正式裁判を請求せずに、略式手続で処分を終わらせること)となり、罰金を払って裁判をせずに解放されましたが、残りの1名は逮捕を不服として裁判で争う決断をしました。

その後検察側は「不起訴」として、正式に裁判で争うことはありませんでした。

「不起訴」とは、犯罪の疑いが晴れた場合や、裁判で有罪の証明ができない場合に不起訴になるということなので、争うと決めた1名は無罪放免ということになりました。

そもそも、この逮捕については、オンラインカジノの違法性から逮捕されたものではなく、オンラインカジノへの入金に利用した決済システムの捜査(マネーロンダリング)の延長線上での逮捕につながっています。

この1件をもって100%違法性がないとは言えませんが、「不起訴」になった事実は非常に大きく、オンラインカジノはグレーゾーンという認識でしたが、非常に白に近いグレーであると感じています。

日本において違法となるカジノとは

日本でも実はカジノは存在します。

ただし、日本でのカジノはお金を賭けることは出来ず、カジノゲームを楽しむだたけの物で、カジノバーやアミューズメントバーなどと呼ばれているものです。

これは、お金をかけないので当然、違法ではありません。

しかしながら、オンラインカジノを利用し、漫画喫茶などの個室を提供して行うカジノ経営については、経営側もプレーヤーも違法行為にあたることになります。

同じ「オンラインカジノ」と呼ばれるため、混同して考えてしまい、違法なのでは?と感じることもあると思いますが、あくまで海外で合法的に運営されているオンラインカジノ会社が提供するカジノゲームを個人で楽しむ分には違法性がありません

それ以外の金銭を賭けたカジノについては、どんな形式でも違法になるので気を付けてください。

まとめ

○日本において「カジノ」というと、「違法なこと」と連想しがちだが、海外で運営されているカジノにオンラインでつながりカジノゲームを楽しむことは合法ではないが違法でもない。

<<安心して遊べるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)