カジノ攻略/10%法(テンパーセント法)で万全の資金管理/ローリスクハイリターンの資金管理法を解説

カジノゲームは全て、偶然が導き出す確率のゲームがほとんどです。

その中で、しっかりと勝利金を手にするためには、資金管理をしっかりと行うことで勝ちに近づくことが可能になります。

その資金管理方法の中でも、わかりやすく実効性のある10%法(テンパーセント法)を完全解説していきます。

<<テンパーセント法が使えるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)

10%法(テンパーセント法)とは

10%法(テンパーセント法)は、攻略法というよりも資金管理をしっかり行うための手法になります。

方法としては、自分の手持ち資金の「10%分を賭ける」という方法になります。

最初の資金の10%を賭け続けるのではなく、1回1回の賭けの結果を踏まえて、持っている資金の10%を賭けるということになります。

賭けるゲームとしては、勝率が高い50%の勝率で、賭けた金額が倍になるゲームで有効な資金管理法になります。

例えば、$100の資金があった場合、賭ける金額は$100の10%になる$10を賭けます。

勝った場合、資金が$110になるので、次に賭ける金額は$110の10%にあたる$11を賭けます。

負けてしまった場合は、資金が$90に減るため、次に賭ける金額は$9にして賭けます。

掛け金が増大して、資金をゼロにしてしまわない方法として、長くカジノゲームを楽しむ事が可能になります。

10%法(テンパーセント法)のメリット

10%法(テンパーセント法)は、以下の3点においてメリットがあります。

  • 連勝すれば利益が大きくなる
  • 連敗しても損失が大きくならない
  • 長期でカジノ攻略が可能

連勝すれば利益が大きくなる

資金の10%を賭けていくため、連勝して手持ち資金が増えれば増えるほど利益も大きくなります。

50%の勝率の場合、それほど連勝はしないかもしれませんが、うまく連勝できれば、10%の複利で資金が増大することになります。

例えば、$100資金からはじめて5連勝した場合

$100からはじめて、5連勝すると資金は$163まで増え、一気に$63の利益を得ることが可能になります。

当然、6連勝、7連勝としていくことにより、より大きい利益になっていきます。

連敗しても損失が大きくならない

連勝したときの利益の増え方は非常に早く、大きな勝利金を手にすることが可能ですが、連敗したときには、逆に損失を少なく押さえることが可能になります。

例えば、$100からはじめて5連敗した場合

最初の資金の$10を賭け続けて、5連敗すると、手持ち資金は半分の$50まで減っていしまいますが、テンパーセント法で賭けることで、損失は$40のみになります。

そして、手持ち資金の10%を賭けるということは、絶対に資金がゼロになってしまう事がないということにもなるので、安心して利用できる資金管理法と言えます。

長期でカジノ攻略が可能

連勝することで資金を大きくすることができ、連敗をしても資金の減り方が緩やかなため、長くカジノゲームを楽しみたい人に向いている資金管理法になっています。

一か八かの大勝負をすることもカジノの醍醐味かもしれませんが、ゆっくりとカジノゲームを楽しみたい人には、非常に大きなメリットになると思います。

長期的にみると、非常にローリスクハイリターンな攻略法と呼べるのではないでしょうか。

10%法(テンパーセント法)のデメリット

メリットしか無いように思われる10%法(テンパーセント法)ですが、やはり、万能な攻略は存在しません。

いくつかのデメリットもありますので、そのデメリットをしっかりと頭に入れてカジノゲームを楽しんで欲しいと思います。

  • 勝敗が交互に来ると資金が少しずつ減ってしまう
  • スタート段階で連敗すると損失の回復が難しい

勝敗が交互に来ると資金が少しずつ減ってしまう

10%法(テンパーセント法)の弱点としては、連勝をしないと資金が増えていかないという点になります。

勝率50%で2倍配当のゲームを10%法(テンパーセント法)を使ってプレイした場合、勝ち負けが交互に出てしまうと、勝率が50%の場合でも資金を減らしてしまいます

連勝しないと資金が増えていかないということは、しっかりと理解して利用しないといけない資金管理法になります。

スタート段階で連敗すると損失の回復が難しい

連勝しないと資金が増えていかない資金管理法になるため、連敗をしてしまった後に、利益を回復させることが非常に難しく、時間が掛かってしまいます

特にスタートのタイミングで連敗を喫してしまうと、元に戻すのが非常に難しくまります。

あくまで確率の隔たりと考えると、連敗すれば、どこかで連勝できるタイミングをつかめるかもしれませんが、
資金の10%を賭けていくため、もともとも資金が小さくなってしまえば、利益も小さくなってしまいます。

スタート段階で連敗を喫してしまった時には、他の攻略法に切り替えるか、損切りをした方が無難です。

10%法(テンパーセント法)を活用する方法

10%法(テンパーセント法)をうまく活用するには、使うタイミングと、やめるタイミングをしっかりと決めて使うようにしないといけません。

基本的に10%法(テンパーセント法)を使って賭けを行って、3連敗したらやめるなどの対策も必要ですし、連敗になってしまった場合には、他の攻略法とセットにして利用するのもありかもしれません。

3連敗してしまった後は、3連敗の損失額をモンテカルロ法を使って取り戻したり、似たような手法として、10ユニット法を利用するのもいいかもしれません。

また、勝っているときは10%法(テンパーセント法)を利用し、負けたタイミングでマーチンゲール法を使って損失額を戻す方法もあります。

1つの攻略法に固執するのではなく、臨機応変に使い分けることも必要になってきます。

まとめ

○10%法(テンパーセント法)は、手持ち資金の10%を賭ける攻略法で、ローリスクハイリターンが見込める攻略法

○デメリットとして、勝ち負けを交互に繰り返すような展開になると、資金が減っていってしまうので注意が必要

○思わぬ連敗をしたときでも、その損失額を回復させることができる他の攻略法を使う事も必要

<<テンパーセント法が使えるおすすめオンラインカジノ>>
10BetJapan(テンベットジャパン)

Vera&John(ベラジョン)